忍者ブログ
さだまさしさんの1ファンが徒然なるままに綴る雑記です。
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遅ればせながら、『Silky』に掲載されている『眉山(びさん)』を読んだ。

この『Silky』という雑誌は女性向けの漫画雑誌であるので、絵については馴染める方・馴染めない方それぞれおありのことと思う。(特に男性向けの漫画雑誌を読みなれている方には、それに掲載されている劇画調の絵との相違に戸惑われる方もおありのことと拝察する。何せさださんのファンの方は男性も相当数いらっしゃるわけで・・・・・・)
が、一応この手の絵を見慣れている私から見ると、女性向けの漫画の中では比較的すっきりした絵であるので割合見やすいのではないか、と思われる。

で・・・・・・内容についてだが・・・・・・漫画はテンポが速い分、独特の「間」が飛ばされぎみのように思う。
私は活字を読むのも比較的早いほうだそうで、小説版の『眉山』すら羽田〜長崎間の航空機の中で読み終わってしまった(さださんの文章が割と読みやすかったせいも在るとは思うが)のだが、そんな私から見てもかなり早く読み終えるように描いているように思われる。
そんなにテンポの速い展開であるにもかかわらず話をほとんど削っていないので(ファンとしてはイメージを崩さずにいて戴いて有り難い限りではあるが。)、例えばヒロインがキーパーソンであるお母さんから「出生の秘密」を聞かされる場のシーンの直前でお母さんが見せる「《戸惑い》の間」がやや不十分では無かったかと思うなど、少々見せ方が小説とは違うように見えるところもある。

とは言え、近年の漫画の中では読みやすく、原作に忠実に描いて戴いているのは確かである。
もしもこの漫画がコミック化された暁には、早速に購入して愛蔵したいと考えている次第である。

実は、この漫画の中には、ただひとつだけハッキリとした瑕疵がある。寺沢医師が解剖実習の話に触れるとき、「お棺の中に納められたパイプ」と書いてあるのに、生前のその方が吸っているのは紙巻タバコなのである。もしも機会があるならば是非パイプをくゆらしている絵に差し替えて戴きたいものだ。
・・・・・・ややこしい話は、まぁ、この辺で「閑話休題」とするとして。


さて、この漫画の後、さださん(原作者)と林久美子さん(作画者)の対談の記事がある。
その中でさださんは
「理想の作品はどんな小説ですか?」
と聞かれて
「大衆文学の皮をかぶった純文学、の域まで行きたいなあ・・・と試行錯誤してます。」
と答えている。

これを読んで合点がいった。
私が読んださださんの文章は「純文学」のテイストがふんだんに盛り込まれているように思っていたからだ。
ただ、純粋に「純文学」というジャンルに括られるような文章は非常に読みにくいことも多々あるので、出来れば「大衆文学」の域を逸脱しない程度にして戴きたいな、と密かに思った。

なお、この雑誌のプレゼント企画で「さださんの色紙」「カレンダー」がそれぞれ5名、「サイン入りCD『とこしへ』」が3名にプレゼントされるそうだ。
応募の締め切りは12月3日までなのでご希望の方はお早めにどうぞ。
(かく言う私も応募は未だである。早くハガキを書かなければ・・・・・・)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
漫画版「眉山」は評価が分かれてるみたいですね
かくいうワタシは小説さえ読んでませんけど(^^;


実は最近、本格ファンを復活したくちなんです
ファンは中学生時分のグレープ時代からなんですが
30前に結婚して15年余り
なかなか心の余裕が持てない状態だったために
自分の好きなものに熱中することを忘れていました

そんなわけで『久々のさだまさしさん』という状態で
現在リハビリ中です
気がつけばレコードは廃れ音源はCDにとってかわっていたので
(気がつけって感じですが(^^;)
ただいまアルバムなども買い替え中です
でも、数がありすぎて大変・・というかすぐには無理そうなので
のんびりとマイペースで進めています

コンサートにもなんと20年ぶりに行く予定でいます
以前さださんが
『さだまさしは出入り自由です』とおっしゃって下さったのが
今になってありがたいなぁ〜と感じ入っています

近年は文学の世界でも大きく認められて
ファンとしては嬉しい限りですが
いかんせん、年齢も年齢・・・(自分もだけど)
正直なところ“あまり無理しないでね・・”という気持ちもあり
でも、これからもさださんの活躍は見続けていきたいしで
ちょっと複雑な気持ちも抱えていたりします

じぶんも実は楽天にサイトを作っています
ダイエットについてかくはずがいつのまにかさださんメインに(^^;
なってますが、よろしかったらひやかしにでもいらっしゃってください
ladybag URL 2005/11/15(Tue)22:55:26 編集
無題
[絵文字:v-356]記事にも書きましたが、「眉山」の絵は故手塚治虫氏に代表されるような万人向けの絵ではないですし、さださん独特の「間」が表現されていない分(・・・・・・と言ってもあの「間」を表現するのは難しいですけどね・・・・・・[絵文字:v-356])評価も分かれるのでしょうね。
だけど、私はあの漫画、好きですよ。

それと、さださんのコンサートにお久しぶりに行かれるとか。
是非是非ごゆるりとお楽しみくださいね。
で、何処ででもいいですから是非に感想などお聞かせいただけると嬉しいですね。[絵文字:v-411]
(かく言う私は『3333回コンサート』で今年のコンサートはおしまい・・・・・・[絵文字:v-409])
daydreamer URL 2005/11/16(Wed)13:05:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
お越しくださり恐縮です
Blog Petのヴァーリ
最新CM
最新TB
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
プロフィール
HN:
daydreamer
性別:
非公開
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]