忍者ブログ
さだまさしさんの1ファンが徒然なるままに綴る雑記です。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『夏 長崎から THE FINAL』が終わり、一夜が明けた。
今でも未だ微かに昨日の興奮が残っている。夢を見ているかの如き時間であった。

長崎新聞・西日本新聞・毎日新聞の各紙に、コンサートの模様を伝える記事が掲載されていた。それぞれが独自の写真を用い、「平和」への思いを盛り込んだ文章の興味深い記事であったが、白眉はやはり長崎新聞の一面に掲載されていた、「長崎小夜曲」で舞台上のカメラマンと肩を組み踊りながら歌っている写真ではないかと思う。

一夜明けて思うのは、やはりさださんの「平和」と「故郷」に対する思いの深さである。

・・・・・・などと言うとあれこれと誤解をなさりたい向きがあるやも知れぬ故、一言だけ申し上げておこう。さださんは、このコンサート中に
「戦争反対!」
とアジることなどなさらぬ。むしろコンサート自体は非常にエンターテインメント性の高いもので、「さだまさし」を知らずとも楽しめるものであったし、お近くに席を占めておられた(お母さんに無理やり連れて来られたと思しき)お嬢さん方は
「さだまさしさんがこんなに穏やかだとは知らなかった。もっと恐い人だと思っていた」
と、いみじくも口に出すほどに優しく流れていくコンサートであった。出演者の言葉の中では、大竹しのぶさんの
「これだけのイベントをこれほどまでに続けて来られたさださんは凄い。これに付いて来たスタッフの皆さんも凄い。そして、観客席にいる皆さんも・・・・・・」
と仰った言葉が深く心に染みた。





・・・・・・もう報道もあったことであるし、言ってしまっても良いであろうか?
コンサート終演後、通常ならば見ることもあったであろう愁嘆場は無かったし、ましてや泣き出す方など皆無であった。さださんがあんなにハッキリと
「来年のこの日長崎で歌うことは無いけれど・・・・・・」
と仰ったにも拘らず、である。
それは、
「8月9日に広島で歌わないと俺の行は終わらない。来年は『夏 広島から』を演る」
という言葉に起因するものであると思われる。
もしも本当に『夏 広島から』が開催されるのであれば、恐らく私も当日は広島に居ることであろう。
PR
13:30、再び整理券組が整列した。
携帯電話は使用禁止であるので恐らくこれが本日最後の投稿になろう。

14:00、予定よりも早く開場した。いよいよ長い1日のクライマックスである。
9:00過ぎに街に下り、13:00頃に山の上に戻って来た。
人・人・人の渦である。整理券を貰った方ばかりでなく、当日来てこの炎天下の中、身動きも出来ずにじーっと待っておられる方も多い。

今、ステージ上ではさだまさしさんがリハーサルの最中であるらしく、歌が非常にハッキリと聞こえて来る。(聞き覚えの無い歌であるが、ニューアルバムの歌であろうか?)
先刻、「祈り」のリハーサルの途中、いつも台詞が入るところで、さださんが
「暑いからね、水分を取って、帽子をかぶって」
と呼び掛ける場面もあった。

・・・・・・あと3時間でコンサートが始まる・・・・・・
8:30を少し過ぎたところで、整理券番号順の整列が始まった。
今回出た整理券は3000枚にも及ぶのではないかと思われる。(100番単位で付けられている整理券番号の標示が2901番迄確認出来た)以前はどんなに遅く貰いに行っても500番台の番号が貰えたというのに・・・・・・(-o-;)
閑話休題。

取りあえず、私の番号は900番台であるので、9:10に解放された。これから、山を下りて冷却用のモノを仕入れて来るつもりである。今日は長丁場であるので(何せ開演時間もいつもよりずっと早い)しっかりと仕入れて来ねば・・・・・・。
昨日、長崎に到着した。(よってこの投稿は携帯からのものである)
長崎空港に到着して携帯の電源を入れた途端、新着メールがあることに気が付いた。見てみると、ハウステンボス仲間のお一人からのものである。
何事かと思い、開いてみると、九州にて発行されている西日本新聞に「さだまさし」の記事が掲載されているとの情報であった。長崎市内に到着してから早速西日本新聞を購入し、ホテルの部屋で紐解くと、社会面にかなり大きな記事が掲載されていた。
「20年の成果 確かめる時」と題されたその記事には、簡潔でありながらも主張が盛り込まれ、コンサートを終了するに至ったさださんの思いが、主張が、そして無念さが伝わって来る内容であった。

この記事を読んでいる途中で、またも同じ方からメールが届いた。長崎ローカルのテレビ番組にさださんが出演するとの情報であった。番組名は『もってこい長崎6』。同日(翌日?)深夜に放映された『真夏の夜もさだまさし』の中でも紹介されていた番組である。
詳細については後述するつもりであるが、『長崎から』で一貫して伝えてきたこと、今ひとつ伝えたかったこと、自らの思いを語っていた。(意外に長く、15~20分程のコーナーであったのでそれだけではないのであるが・・・・・・)
「このコンサートは門、自分は門番、コンサートで得たものを行動に移そう、とだけ言いたい。伝わる人には伝わったと信じたい」という言葉でコーナーは締め括られた。このブログの記事が“誤解”の元になるのは私の本意では無いので言葉足らずに記載したが、私は自分がすべきことを認識しているつもりである。願わくば、この記事をご覧になった方総てが同じ思いであることを切に願うばかりである。
参加券これが、『夏 長崎から THE FINAL』の参加券である。
以前にもお話したことがあったが、この参加券に印刷されているさださんの表情がとても良い。それに、使っている色も紫一色とは粋ではなかろうかと思う。・・・・・・とまぁ、“贔屓の引き倒し”のコメントはこのくらいにして。

今回は何となく以前長崎で行なわれたインターハイのことが思い出され、宿の手配も4月に済ませ参加券も早いうちに申請したのである。そのためどうやら足・宿・チケットは手に入ったものの、長崎市内の常宿にはとうとう泊まれず(故に何時の日か“泊まりおさめ”をしなければならぬだろうな、とは思う。流石に真夏のこの時期は遠慮したいものだが)、インターハイのときと同様「初めての宿」に泊まることになった。今はただ、寛ぎ切れなかったあのときの宿の再来で無いことを祈るばかりである。

メモカチラシそうそう、忘れるところであった。
今回“も”と言うべきなのだろうが、このコンサートの模様を写真にとってフォトカードにしてくれるサービスがある。「メモカ」と言うらしい。
この「メモカ」の申し込み用のチラシも同封されていた。これは、裏面がFAX用の申し込み用紙となっている。が、これに依らずともインターネットでの申し込みも可能であるらしい。詳細についてはこのチラシ(画像の加工は一切しておらず、連絡先もそのまま掲載されている)をご参照されたい。

さて、いよいよ長崎行きも明日となった。
そして、『夏 長崎からTHE FINAL』まであと3日である。
「がんばらんば」の振り付けは覚えた。
参加券は荷物に入れた。
クーラーバッグ(小型)とレジャーシートも持っている。
調子に乗って以前購入した光るうちわまで持った。
後は出発するだけである。

今回は思い切り楽しんで来たい、と心から思い、願う。
そして、その後にはこの場で感想(レポート?)を書かせていただく所存である。・・・・・・とは言うものの、この感想はしばらくお待ち頂きたい。何せこの後はハウステンボスへの3泊4日が控えており、その後すぐに帰省するため盆明けにならないと記事は書けぬであろうから。
『夏 長崎から さだまさしFINAL』の参加券が届いた。
今回の参加券は、紫を基調とした色でさださんの表情も良いものであると思う。

・・・・・・今夜は酔っているので詳細はまた後日・・・・・・
旅行・・・・・・という訳ではないが、私は意外とあちこちへ移動することが多い方である。その為、移動の際の徒然を慰める手段は欠かせぬものである。
以前は文庫本を4~5冊抱えていたものだが、あまりにも重いのと視力が落ちて目が酷く疲れるようになったのとで、最近は文庫本は2~3冊にとどめ、CDプレーヤーを持つようにしている。

パソコンを日常で使い始めてからしばらくして、CD-Rにお気に入りの曲を入れて持ち歩くようになった。
曲順は次の如し。

・遠い祭
・雨の夜と淋しい午後は
・風炎
・鳥辺山心中
・舞姫
・女優
・夢唄
・長崎BREEZE
・黄昏迄
・デイジー
・極光(オーロラ)
・最期の夢
・甘い手紙

以上の13曲である。
典型的と言えばそうかも知れず、変わっていると言われてもそのとおりかも知れぬ。
ちなみに、このブログのURLにもこの中の曲のタイトルを借用している。賢明な皆様であれば既にお解りであろう。
オフィシャルHPのコンサート情報を見て驚いた。
『夏 長崎から』の公演日までまだひと月近くあると言うのに、既に参加券が配布終了になってしまっているではないか!
(確か東京・大阪・名古屋・長崎あたりでも配布していたはずなのだが・・・・・・それすらも無くなってしまったのだろうか?)

流石にファイナルだけある、と思いつつも、あまりの慌しさに少々戸惑っているのも事実である。何せ、以前の『夏 長崎から』では、7月中旬に参加できることが決まり慌てて問い合わせをしても参加券を送って貰うことが出来たのだから。
やはりこれはお祭である、と改めて感じ入った次第であった。

そう言えば、今回はホテルもかなり早くから埋まっており、常宿が取れずに往生した。
長崎市内の常宿はインターネット予約を受け付けているので、4月の中旬にある程度目途が立ってから予約をしようとホテルのHPを見たところ、『夏 長崎から』当日の8/6が取れなかった。では、と常宿が改装中に幾度か宿泊したホテルに問い合わせをしたところ、こちらも既に満室であったのだ。そこで、宿泊予約サイトを使ってようやくホテルを探すことが出来、そこで部屋を取ったのである。
部屋を取ったときは、4月のカレンダーをめくるにはまだまだ早い日であったのを覚えている。こんな思いをしたのは、いつぞや長崎でインターハイが行なわれたときのみである。
(ちなみにここで探したのは8/5~6の宿泊予約である。8/4の宿泊は、ANAのフリープランツアー「私らしく」の一環で既に予約が整っていたのである。だからこの予約が取れなければ・・・・・・考えたくも無いが)
オフィシャルHP上で『夏 長崎から Final』の情報が更新された。
ようやくゲストが決まったらしい。

今回のゲストは、加山雄三・BEGIN・平原綾香・大竹しのぶ・コロッケ・吉田政美(言わずもがなだが・・・・・・グレープの相方)・佐田玲子・チキンガーリックステーキの8組。このうち、純然たるゲスト(恒例・身内では無いゲスト)は、歌手ではBEGINと平原綾香さんの2組、他は大竹しのぶさんとコロッケさんの2組である。

とりあえず、今回のゲストは(ほぼ)予想の範疇である。
恒例の方々はFinalとなる今回外れる筈もなし、吉田政美さんは昨年からあれやこれやとさださんのコンサートに関わっているのであるから、外れるとなるとファンの方が許す筈も無し。BEGINはこの『夏 長崎から』に参加した体験から(インスパイア(感銘)された部分もあったのであろうか・・・・・・?)自身が主催して沖縄でのコンサートイベントを始めたのであるし、平原綾香さんは昨年音楽番組で共演してから事ある毎に関わってきたり、『年の初めはさだまさし』では頼まれもしないのにゲストに来ていたこともあるのであるし。大竹しのぶさんはさださんのファンである旨著書に書いていたり自身のコンサートでもさださんと共演したりした方であるし、コロッケさんは、それこそ『年の初めはさだまさし』で共演したばかりであるし、何よりも九州(熊本)出身の方である。
みなさん何らかのさださんとのつながりがある今回のゲストは、何れも力のある方ばかりである。さぞや聞き応えのあるコンサートになるであろう。

さてさて、私は今までサボっていた「がんばらんば」の振り付けの練習を始めねばなるまいな。
会場中で踊りだした中でひとりぽつんと立ち竦んでいてはサマにならぬであろう故に・・・・・・。
お越しくださり恐縮です
Blog Petのヴァーリ
最新CM
最新TB
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
プロフィール
HN:
daydreamer
性別:
非公開
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]