忍者ブログ
さだまさしさんの1ファンが徒然なるままに綴る雑記です。
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「さだまさし」さんには、歌手活動をなさっている妹さんが居られる。お名前を「佐田玲子」さんと仰る。(それくらい、言われなくとも知っている?それは大変失礼しました)
歌の上手さには定評があり、「お兄さんのさだまさしさんよりも上だ」という声すら聞こえてくる方である。恐らく、お兄さんの存在が無くとも独自の地位を築くことが出来る方であろう。

が、幸か不幸か「さだまさし」さんの妹として生まれついてしまわれた。
さださんは(歌手であるにも拘らず)“トーク”に定評のある方である。
そのため、妹の佐田玲子さんもしばしば“トークネタ”として登場する。

この度、インターネットのニュースに(しかもエンターテイメントトピックスのトップ記事として)久々にさださんの記事が登場した。
タイトルを読んで、思わず噴き出してしまった。
それは、我々にとってはあまりにもお馴染みのネタであったからである。

さだまさし爆弾発言「妹をもらう勇気のあるやつはいないのか!」

・・・・・・発信元のオリコンの記者はこのトークを聞いたことが無いのだろうか・・・・・・
それにつけても、今回の記事は少々失礼の域に入っているのではなかろうか?幾らなんでも、年齢にまで触れることはあるまい。(それが事実であるにしても)

とは言え、久し振りの記事は嬉しい。
お蔭でこの記事を嬉し腹立ちの複雑な思いで読んだものである。

これからの記事は佐田玲子さんに対する失礼のオンパレードになるであろうと思われる。ご本人様、関係者様、ファンの皆様にはあらかじめお詫びを申し上げる。

ちなみに、玲子さんという方は放っておくと少々天然ボケの気がある方である。

数年前、未だYahoo!掲示板に「佐田玲子を知っていますか?」というトピックがあったとき、私は「thedayafterjp」という名で投稿をしていた。(・・・・・・というよりも、トピ主が飽きたか逃げたかで居なくなってしまったので、トピ上げついでに記事を投稿していた。尤も、少々体調を崩して10日ほど記事を投稿出来ぬ間に落ちてしまったのであるが)

その投稿の中でも触れたことがあるが、私はかつて1度だけ玲子さんの「クリスマスコンサート」に行ったことがある。場所は、東京・原宿の『Blue Jay Way』であった。
コンサート自体は、ライブハウスと言うホールコンサートよりも身近なところで聴くことが出来るという環境で玲子さんの歌の世界に触れてうっとりと過ごすことが出来たし(但しシャンパンのハーフボトルを空け、お母さんからという振る舞いのグラスシャンパンをも頂いたので少々酔い加減であったのはナイショである)、プレゼントの抽選やご一緒に写真撮影が出来たりもして大満足なものであった。
そのコンサート終了後に、サイン会が行なわれた。
私の番になったとき、
「名前はHNでもよろしいですか?」
「いいですよ」
「じゃ、“thedayafterjp”とお願いします」
「ざ、でい・・・・・・?」
「“thedayafterjp”です」
「・・・・・・どう書くんだっけ?」
「あ、それじゃカタカナで」
「で、何だっけ?ざ、・・・・・・?」
「では“アフターjpで」
・・・・・・とのやり取りの後、サインを頂いたものである。

あまりにも・・・・・・あまりにも期待通りのリアクションに、その後帰り道で声を殺して爆笑したのを覚えている。周囲を歩く方々はさぞかし気味の悪い思いをしたことであろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
お越しくださり恐縮です
Blog Petのヴァーリ
最新CM
最新TB
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
プロフィール
HN:
daydreamer
性別:
非公開
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]