忍者ブログ
さだまさしさんの1ファンが徒然なるままに綴る雑記です。
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吉田さんが退場してからも当然さださんのコンサートは続いた。「October」「晩鐘」「秋桜」と続いたところでトーク。それによると、何でも最近は「秋桜」をさださんが作ったことをご存じない方が大勢おられるようで、

「さださんって秋桜好きなんですかァ?」

と聞かれる始末、なのだそうだ。(当然客席からは爆笑と失笑が混じった笑いがあちこちで起こった。)

「時代の流れなんでしょうかねェ・・・・・・」

と、しみじみとつぶやいた後「みんなで歌うコーナー」と題して「北の国から」。このとき、スクリーンでは全員が合唱する大阪と名古屋の様子が大きく映し出されていた。それから、ニューアルバムの中から「冬物語」、さらに「人生の贈り物」(コンサートのときは、大抵ハングル語のパートも一部歌うようである。このときもそうだった。)と続いてからいよいよ大締めに入った。

まず、ギター一本で歌う、初出とは違うバージョンの「天然色の化石」。続いて「防人の詩」。最後に「遥かなるクリスマス」を歌ったとき、シャボン玉がたくさん出てきた。雪とは少々趣が異なるものの、手に受けた瞬間にパチンと弾けて儚く消える様は雪にもなぞらえられるものではなかったかと思う。ここで一旦幕が下りた。(・・・・・・とは行っても、武道館には緞帳は無いので本物の幕が下りた訳では無い。)

もちろんコレでコンサートが終わった訳では無いのは、みなさんのご想像の通りである。アンコールでまず歌ったのは「風に立つライオン」。これを歌い上げた後に一旦ステージから下がり、再び登場したときには今回の記念Tシャツ(白)を着て腰にトレーナー(?)を巻いていた。そのトレーナーをグルグルと回して客席に放り投げると、アリーナの中央でモノスゴイ争奪戦が起こっている様子が見えた。(同じアリーナだったとは言え端に近い私の席ではこういうことは無いので高みの見物、としゃれ込んだ・・・・・・つもりではあるが、やはり羨ましかった。)で、肝心の曲は「まほろば」。その後もう一度さださんが引っ込むと、

「東京ガンバらんかい![emoji:e-271]」

というような圧力を首筋に受けながら(無論気のせいだとは承知しているが・・・・・・)アンコールの拍手をしていると、三度さださんが登場し、「落日」を最後の曲として演奏した。・・・・・・そして

「♪幸せになろう いつか必ず・・・・・・」

という客席の合唱の中で静かにさださんは立ち去り、今回の「3333回コンサート」は幕を下ろした。(本文終わり)

今回、livedoorの『徒然ハウステンボス草紙』というブログからコピーして新たに作成した『日本武道館』のライブレポート。(どうせ他にも記事を書くから、と引越しを検討したが、記事の手直しが多くなるにつれて元の記事を消すのが惜しくなり、また、あちらにコメントが付いたこともあってそのまま残すことにした。こちらは「改訂版」として見て戴けるとありがたい。)

とりあえずアップは完了したものの、誤字脱字は多いし(よりによって相方の吉田さんの名前まで間違ってるし・・・・・・直したけど。)書き足りない部分は山ほどあるしと欠陥だらけの記事である。
そのため、少しずつ手直しをしているところではあるが、何せ曲名以外のメモは取っていないので記憶もどんどん薄れてきているという体たらくである。

もし、お気づきの点などあればコメントなどでご指摘戴けるとありがたい。また、お読みになる度に記事が変わっていることもあろうかと思うが、そういった訳であるのでどうぞご容赦戴きたい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは。ゆるりとお話ししにやって来ました♪
どこにコメントしようか迷ったけど、とりあえずここに。

「帰去来」「風見鶏」「私花集」そして「夢供養」あたりまで、よく聴いていました。
自分の弱さや不安や苦痛といったものが、この上なく美しい日本語とメロディーに昇華された、名盤だと思います。
その後、世界観が壮大になって行くとともに、なんとなく疎遠になってしまったのですが・・・

何気ない生活の中で、ふと、心の中に「言葉」が浮かんで来ることがあります。
普段はまったく忘れ去っていて、意識もしていないような或る一節。
私の場合、それは、三原順「はみだしっ子」中のセリフと、さだまさしの歌詞なのです。
そして、改めて、それらがこんなにも自分に影響を与えていた事実に驚くのです。

特に好きなのは「晩鐘」と「檸檬」。
理由はわからないけど、今でも詞を読むと、胸が締めつけられるような気がします。
あと、「道化師のソネット」は、『翔べイカロスの翼』(映画館に観に行きました)のラストで流れてきた瞬間、鳥肌が立ちました。

もしも、もしも、機会がありましたら、「さだまさ縛り」(笑)のカラオケオフ、なんて、いかがですか♪
sma_ne_3 2005/09/24(Sat)19:29:24 編集
無題
スマ姐さん、ようこそお越しくださいました。このブログへの初コメント、ありがとうございます。
(実はこちらのブログはコメントを期待していませんでしたので、コメントを戴いてビックリ致しました。)

私は、さださんのファンとしては相当に“遅れた”ファンです。ですからよく「声が変わったさださんなど・・・・・・」と聞くのですが、ソレが良く判らない、と言う・・・・・・(苦笑)
まぁ、「関白宣言」のリリース時に小学生でして、ちゃんと聞くようになったのが短大の頃、初めて買ったさださんのアルバムが「夢の吹く頃」ですからその辺りはご勘弁いただくとして・・・・・・。[絵文字:e-330]

「夢供養」は“自他共に認める最高のアルバム”だそうですが、メロディーの美しさ・詩の見事さなど確かに特級品のアルバムだと思います。それに・・・・・・“人”への眼差しが優しいんですよね。「療養所」など聴いていて泣きそうになりましたのを覚えています。「風見鶏」「私花集」などにも好きな曲はいくつもあります。
(その次に出た「うつろひ」も実は結構好きなのですが。[絵文字:v-8])

さださんは、本当にキレイな日本語を使うことが出来る稀有な方だと思っています。[絵文字:e-343]
最近は、文章を書くことを生業となさる方ですらキレイな日本語をお使いになれず、本好きな身ではありますが読むものが無くて哀しくなることもありますものですから・・・・・・。[絵文字:v-292]

さださんをお好きな方は、他にもふくちゃんさんなどもいらっしゃいますし、レパートリーになさっている方でしたらごまさんなどもそうですよね。
「さだまさ縛り」カラオケオフ、どうなるかは分かりませんが機会があったら是非やってみたいですね。[絵文字:e-293]
daydreamer 2005/09/25(Sun)00:57:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
お越しくださり恐縮です
Blog Petのヴァーリ
最新CM
最新TB
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
プロフィール
HN:
daydreamer
性別:
非公開
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]